アイマス情報館

アイマスに関するデータだったり考察だったり。

シンデレラガール総選挙・ランカーの戦績①

いよいよ第10回を迎えるシンデレラガール総選挙ですが、過去9回までの総選挙でランクインしたアイドルは84名います。このシリーズでは、各アイドルごとにこれまでの結果を振返りつつ、今後の展望をしていきます。

なお、記事中の平均順位について、圏外は51位として計算しています。

 

 

 

高垣楓

  • 平均5.67位・最高1位・圏内9/9回(うち、CD選出6回)
  • 第6回のシンデレラガールでありながら、翌年も8位の高水準。第9回では遂にTOP5に返り咲きました。史上初・2度目のCGの行方は。

鷺沢文香

  • 平均8.00位・最高2位・圏内7/7回(うち、CD選出4回)
  • 第9回で自身最高の2位を獲得し、いよいよCGが見えてきました。平均順位も全アイドル中2位の成績ながらCG獲得はなし。第10回でCGの栄冠に輝くか。

夢見りあむ

  • 平均9.50位・最高3位・圏内2/2回(うち、CD選出1回)
  • 初めて参加した第8回でいきなり3位と強烈な出だしを飾りました。第9回も16位と好位置をキープ。再びの復調は。

緒方智絵里

  • 平均9.89位・最高3位・圏内9/9回(うち、CD選出2回)
  • Cuの中では平均順位トップです。第9回では6年ぶりにTOP10復帰。再びのCD圏内に注目。

輿水幸子

  • 平均11.56位・最高4位・圏内9/9回(うち、CD選出1回)
  • 第2回で4位となり、以降も高順位をキープしていますがCD圏内は第2回のみ。久々のTOP5入りで8年ぶりの総選挙曲歌唱は。

北条加蓮

  • 平均12.78位・最高1位・圏内8/9回(うち、CD選出3回)
  • 第9回シンデレラガールです。7回では3位、8回では2位と1つずつ順位を上げての栄冠でした。第10回はどこまで粘れるか。

双葉杏

  • 平均15.33位・最高8位・圏内9/9回
  • CD圏内に入ったことのないアイドルの中では最高位です。ここまで3回連続10位台。第4回以来のTOP10入りなるか。

島村卯月

  • 平均15.89位・最高1位・圏内9/9回(うち、CD選出3回)
  • 第5回シンデレラガールで、戴冠後も安定して中位を維持しています。第9回では一気に順位を上げ11位に。今回は。

渋谷凛

  • 平均16.22位・最高1位・圏内9/9回(うち、CD選出3回)
  • 第3回シンデレラガールです。現在、CGに輝いた翌年もCD圏内に入った唯一のアイドルでもあります。再びの圏内入りは。

佐久間まゆ

  • 平均17.44位・最高6位・圏内8/9回(うち、CD選出3回)
  • 第9回では7位と4年連続TOP10入りを果たすも、属性TOP3の枠が無くなった影響でCD選出ならず。今年は初のTOP5を狙いたい。

安部菜々

  • 平均17.44位・最高1位・圏内8/9回(うち、CD選出3回)
  • 第7回でシンデレラガールに輝いた翌年、圏外となり皆勤が消滅したものの、第9回で再び圏内に。再び順位を上げられるか。

神崎蘭子

  • 平均18.44位・最高1位・圏内9/9回(うち、CD選出1回)
  • CDに選ばれたのはシンデレラガールを獲得した第2回のみ。以降は順位が乱高下するものの皆勤を維持。8年ぶりTOP10は。

本田未央

  • 平均18.78位・最高1位・圏内7/9回(うち、CD選出5回)
  • 第1、2回では圏外でしたが、以降の7回中5回でCD圏内に。第8回では遂にシンデレラガールになりました。CD選出回数の最多もうかがう。

高森藍子

  • 平均18.78位・最高6位・圏内9/9回(うち、CD選出1回)
  • 第9回では自身最高の6位をマーク。第3回以来のCD圏内へ向け、さらなる躍進は。

神谷奈緒

  • 平均19.33位・最高4位・圏内8/9回(うち、CD選出1回)
  • 第9回で遂に初となるTOP5入りを果たしCD圏内に。シンデレラガールも十分に狙える高順位に今年は。

城ヶ崎美嘉

  • 平均19.78位・最高12位・圏内9/9回(うち、CD選出1回)
  • TOP10入りはないものの、第4回で選抜入りを果たしています。第9回は自身最高に迫る13位。初のTOP10は。

一ノ瀬志希

  • 平均20.57位・最高3位・圏内7/7回(うち、CD選出4回)
  • ここまで3年連続でCD圏内に。第9回は3位といよいよシンデレラガールが見えてきました。果たして今年は。

前川みく

  • 平均21.56位・最高2位・圏内9/9回(うち、CD選出2回)
  • 第4回では2位とシンデレラガールに迫る躍進を見せましたが、最近は中位を維持。上昇の兆しは。

小日向美穂

  • 平均22.78位・最高9位・圏内9/9回
  • 最高順位は第1回で記録。第9回では17位と過去2番目の高順位に今年はどこまで伸ばすか。

アナスタシア

  • 平均23.00位・最高2位・圏内8/8回(うち、CD選出1回)
  • 初登場した第2回でいきなりの中間1位が印象的でした。以降は平均的な順位に落ち着いており、引き続きキープできるか。

速水奏

  • 平均23.13位・最高10位・圏内8/8回
  • 第9回で自身初のTOP10に。第4回では46位も徐々に順位を上げており、初のCD圏内も見えている。

藤原肇

  • 平均24.11位・最高3位・圏内9/9回(うち、CD選出1回)
  • 第6回でボイス圏内に。翌年も50位ギリギリに滑り込み、皆勤を維持しました。10年連続圏内は目の前。

新田美波

  • 平均25.78位・最高8位・圏内9/9回
  • 皆勤もTOP10はありませんでしたが、第9回で遂にTOP10入り。次に狙うのは初のCD圏内。

森久保乃々

  • 平均25.88位・最高4位・圏内8/8回(うち、CD選出1回)
  • ボイス獲得後も引き続きTOP50に残っており、第9回には10位台まで上がりました。さらなる上昇は。

鷹富士茄子

  • 平均28.22位・最高4位・圏内8/9回(うち、CD選出1回)
  • ボイス獲得の翌年、惜しくも圏外で皆勤を逃したものの、第9回で再びのランクイン。引き続き圏内を維持できるか。

橘ありす

  • 平均29.75位・最高24位・圏内8/8回
  • 2014年のボイスアイドルオーディションで1位に。直近では5年連続で20位台と安定。最高順位更新なるか。

依田芳乃

  • 平均30.33位・最高5位・圏内5/6回
  • 第5回でボイス獲得。翌年は圏内でしたが、ここ3年は再び圏内に。引き続きランクインへ。

白坂小梅

  • 平均31.33位・最高10位・圏内9/9回
  • 第2回で最高の10位に。以降は30~40位台を行き来しています。皆勤の継続と順位の上昇に注目。

 

第2回に続きます。